MENU

医師紹介

Doctor

医師紹介|みずほ台駅徒歩5分|富士見市みずほ台にある泌尿器科

Greeting

ごあいさつ

院長

はじめまして。当サイトをご覧いただきありがとうございます。
院長の岡部尚志と申します。出身は東京都で、神奈川県相模原市の北里大学医学部を卒業後、ずっと埼玉県で泌尿器科医として勤務してきました。生まれてからずっと関東、首都圏にいることになります。趣味は音楽鑑賞とギター演奏です。お好きな方はぜひお声がけください。

さて、泌尿器科は尿路と生殖器全てを総合的に扱う科ですので専門を決めるのは難しいですが、主に扱ってきたもの、つまり得意分野は泌尿器がんです。医師になってから12年、一貫して埼玉県の基幹病院である埼玉医科大学国際医療センターでがんを中心とした診療にあたってきました。
また、教育機関に属する医師として、診療とともに研究にも真剣に取り組んできました。初期研修医の時から埼玉医科大学大学院に入学し、腎がんの低酸素誘導因子と時計遺伝子の関連についての研究で医学博士を取得し、その後時計遺伝子の権威である、スイス・フリブール大学のUrs Albrecht教授のもとで炎症関連物質と時計遺伝子の研究を行っておりました。
実りの多い2年間の留学の後帰国し、埼玉医科大学国際医療センター 泌尿器腫瘍科で、がんを中心とした幅広い泌尿器科疾患の治療を行ってきました。現在は妻と3人の子供とともに埼玉県内で生活しております。
この度ご縁がありみずほ台に泌尿器科クリニックを開業させていただくことになりました。今まで培った経験を基に医師としての理想である地域医療を実現し、地域の皆様の健康維持に貢献したいと心から願っております。
私は患者様の診療にあたる際、大学病院時代からずっと心掛けてきたことがあります。それは、患者様にとって『声をかけやすい医師』であることです。患者様に科学的根拠に基づく質の高い医療を提供するのは当然です。しかしそれ以上に、患者さまにとって『声をかけやすい医師』であることが、コミュニケーションをさらに円滑し、それによって患者様お一人お一人からより深い臨床情報を得ることができると考えているからです。

当院も、院長とスタッフ一同、患者様の痛みや辛さ、お悩みを気軽に相談できるようなアットホームな雰囲気を大切にしてまいります。その上で、皆様のホームドクターとして、身近で頼れる、そして質の高い医療を提供するクリニックでありたいと考えております。
排尿やその他健康についてお困りのことがありましたらお気軽に当院にご相談ください。

院長 岡部 尚志
(おかべたかし)

ドクターズ・ファイル ドクターズ・ファイル

経歴

2009年
北里大学医学部卒業
2009年
埼玉医科大学国際医療センター 初期研修医
2011年
埼玉医科大学国際医療センター 泌尿器腫瘍科 助教
2014年
埼玉医科大学大学院 医学研究科 博士課程修了
医学博士取得(甲第1256号)
2014-2016年
スイス フリブール大学生化学部門博士研究員 
2019年
埼玉医科大学国際医療センター 泌尿器腫瘍科 専任講師
2021年
みずほ台泌尿器科 開院

資格・所属学会

所属学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本泌尿器腫瘍学会
  • 日本レーザー医学会

資格・認定医

  • 日本泌尿器科学会 専門医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医師(ぼうこう又は直腸機能障害)
  • 臨床研修指導医講習会 修了
  • 緩和ケア研修会 修了
  • 医学博士(埼玉医科大学)

業績

業績につきましてはこちらを参照ください。